紹介は誰が獲得するものか


理想顧客からの紹介客で成り立つのはビジネスの一つの理想状態。

その理想状態を実現するために、全社一丸となって組織風土改革を行っている顧問先の一つでの出来事。

お客様と直接関わりのないとある2つの部署の部長から、営業部に向かって、

「あなたたちは個人的に何件の紹介もらってるの?もっと紹介もらえるよう努力すべきじゃないの?」

とのご指摘。

問題解決の現場において他責はタブーです。すべて自分原因で考え、内因化して処理しましょう。

そこで、わたしが放った一言。

「紹介は営業部がもらうものという固定観念は金輪際捨ててください。

紹介は会社の人間であれば誰が受けてもいいものですし、そうでなければなりません。

我々は知り合いに大手企業の社員がいたりすると、あたかもその会社と繋がっているかのような優越感を得ることがあります。たとえば、トヨタに知り合いがいる、というようなことです。

知り合いがいるからトヨタ車を買う場合は俺に一言声掛けて、というような。

何が言いたいかというと、もっと紹介を得られる努力をしろと営業部に向かって主張しているあなたがどれだけ紹介をもらってるのかってことです。

お客さまにとってあなたが何部の何課に所属してどんな役職についてどんな仕事をしているなんて関係ありません。重要なのはどこの会社に勤めているかということだけですから。

つまり、あなたが営業部に向かって努力せよと言っていることは、そのまま自分自身に対しても言えることです。あなた自身が紹介をもらうためにはどうしたらよいか。それを全社的な観点から検証しようとしているわけです。」

自分には関係ないと思って言いたい放題は無責任。というより、自覚なし。なぜなら経営感覚を養うべく研修しているわけです。部署や役職の壁など飛び越えたところで議論しないと組織の進歩発展は望めません。

関連記事

話題をチェック

  1. 2016.2.19

    コンセプトのちから

    地域貢献活動の一環で、小規模コミュニティ運営に携わっています。
  2. 2016.1.20

    食品の鮮度を長期間保持する急速液体凍結機をプロデュースしています

    当社の志をご理解くださった”とても目の付け所が良い企業様”が、当社プロデュース製品である食品の鮮度を...
  3. 2015.12.21

    人に必要とされる会社をつくる

    人に必要とされるということは、幸せの要件だと思います。
  4. 2015.10.2

    450人大講演会|当事者意識の醸成について

    都内の某建設会社からオファーを受け、銀座ブロッサム中央会館にて「当事者意識の醸成」をテーマに講演して...
  5. 2015.8.13

    組織風土改革とイノベーション

    暗中模索の先にイノベーションあり組織にこびりついた悪しき思考習慣、行動習慣を変容し、好ましい組織...
  6. 2015.7.29

    社員エンゲージメントの低さが業績不振の原因の一つ

    我々コンサルタントがクライント先に訪問して診ることの一つに、社員エンゲージメントがあります。
  7. 2015.6.18

    紹介は誰が獲得するものか

    理想顧客からの紹介客で成り立つのはビジネスの一つの理想状態。
  8. 2015.6.11

    「まず思う」ということ

    稲盛和夫さんが京セラを創業したころ、当時経営の神様と言われていた松下幸之助さんの「ダム式経営」の話を...
  9. 2015.3.1

    【3月18日】達成会議〜直近一ヶ月で解決すべき問題とは

    今月の達成会議は、会場と仕事の都合で第3水曜に開催します。今回よりやり方を少し簡単にします。
  10. 2015.2.18

    WEB集客の王道はまじめに良質なコンテンツを量産すること

    経営戦略を深く扱っていると、どうしても発信する情報のコンテンツ・マネジメントは切り離せません。