自律は手段、自立は目的

以上より、自律自立の違いが明確になった。
また、自律自立かは無意味な議論であることもわかった。
なぜなら、自律とは外的要因(脅威)に脅かされない自立した状態(無競争状態)を創り上げる能力であり、自律と自立とは互いに因果関係にあるからだ。
つまり、自律の目的とは、自立である。
それは、排他力を発揮し、外的要因を排除する、脅威が及ばないようにすることであり、その目的において、あらかじめ外的要因(脅威)が及ばない無競争状態の環境を選択することは戦略的に正しい。
自律が自立の上位概念なのではなく、目的としての自立が手段としての自律の上位概念なのだ。
余談であるが、自律型人材(自ら主体的に考え行動する人材)の育て方については以下が参考になる。

自律とは自分で自分の未来をつくること

こうして、再度冒頭の辞書的な意味を振り返ってみると、なるほど、自立はあり方・姿勢、つまり「状態」を示しており、自律はやり方・方法、つまり「行動」を示している。
それは、対立する概念ではなく、因果関係で結ばれた概念なのだ。
われわれは自立するために自律するのである。もっといえば、目まぐるしく変化し続ける環境に適応するために、自律し続けるのだ。
自律を諦めた人間に、自分でつくる自分の明るい未来があるとは思えない。あるのは、他人がつくった他人の未来だ。他律依存、指示命令、支配服従の世界だ。
自律し自立を目指す姿勢は、現状打破の創造活動であり、他律依存の姿勢は、現状維持の改善活動である。

1 2 3

4

後藤 健太

後藤 健太

サムライ社長/株式会社コンセプト・コア 代表取締役

関連記事

コメント

    • John Friend.
    • 2018.05.04

    自立と自律は異次元のものではないだろうか。
    自立していても自律していない人もいれば、自立してないが自律している人もいる。
    自立は意思と行動で、自律は自己技術である。

  1. 【居合・剣術・抜刀術】10月の新宿稽古会(毎週木曜14時〜16時)

  2. 8月30日に発売するDVDの予告編動画のご紹介

  3. BABジャパン社より発売されるDVD撮影を行いました

  4. 【居合・剣術】7月の新宿稽古会(毎週木曜14時〜16時)

  5. 【予約限定】真剣試し斬りプライベートレッスン(7月)

  6. 難局を乗り切り明るい未来を切り拓くコンセプチュアルスキル

  7. 中小企業の社長のための3つの資金繰り対策〜コロナショックを生き残ろう

  8. 政府が全世帯にマスクを2枚ずつ配布!?

  9. <延期>4月度【第6回】ブカツ-地域密着型小規模異業種交流会(八王子)

  10. 【予約限定】真剣試し斬りプライベートレッスン(3月)