難局を乗り切り明るい未来を切り拓くコンセプチュアルスキル

  1. 未分類
  2. 388 view

【読了の目安 : 2 分】

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の猛威が止まらない。外出自粛や政府からの休業要請、そして、半ば強制的なリモートワークへの移行で、事業者を取り巻く経営環境も悪化の一途を辿っている。

苦境に立たされる経営者仲間からの相談が日に日に増えてきている中で、昨日、急遽経営相談専用のLINEアカウントを開設した。

経営コンサルタントとしてではなく、この経営危機を共に乗り切る事業者仲間として孤独な社長の気軽な相談相手になれればとの思いからつくった。

1:1トーク対応で普段のLINEと同様に使えるので、この機会に是非友だち追加を。

友だち追加

難局を乗り切り明るい未来を切り拓くコンセプチュアルスキル

さて、前段はさておき、この難局を乗り切るために、すでに何人かの社長には「ブレークスループラン」を個別にアドバイスした。ブレークスループランとは、現状を打破し明るい未来を切り拓く経営計画だ。

このブレークスループランを手にした社長たちは、「ピンチがチャンスに見えてきた」と明るい希望をもってくれたようで、日々前向きに経営努力を重ねておられる。

このようなブレークスループランを立案する際に重要なスキルがある。コンセプチュアルスキルだ。現状打破の明るい未来を構想するコンセプチュアルスキルは、経営トップや幹部陣、リーダー層に必要なスキルだ。

わたしの経営する会社は社名をコンセプト・コアという。コンセプチュアルスキルを自社の中核技術として位置づけているのでこの名称になった。

この会社ではコンセプチュアルスキルを用いて、主に小さな会社のブレークスループランを提供している。よくある上から目線で指導する先生型ではなく、社長の御目付役として、同じ目線で共に考え、共に歩む伴走型の経営支援を行っている。

以下に当社でも中核的スキルとして位置づけているコンセプチュアルスキルについて解説していこう。

次のページ
コンセプチュアルスキル(概念化能力)とは

1

2 3 4 5 6 7

困った時にはLINEで気軽に経営相談

サムライ社長こと「社長の御目付役」後藤健太の経営相談専用LINEビジネスアカウントを友だちに追加しよう。ご利用は無料です。1:1トークに対応しているのでいつもLINE感覚で気軽に相談できます。

後藤をLINEで友だちに追加
後藤健太

【サムライ社長】
斬法総合研究所所長/真剣武士道指南役
株式会社コンセプト・コア代表取締役/経営コンサルタント
会社の公式として書けないことをこちらの社長ブログに書いてます

記事一覧

関連記事

つま先と踵に関する備忘録

前回からの続きでつま先と踵について少し補足。右足を前、左足を後ろにした構えをとる。この状態で前進する時、左足のつま先と踵(かかと)のどちらを使うべきか。つ…

  • 364 view

根本的と抜本的の違いとは

会社経営のアドバイザリー業をしていると、抜本的改革が必要なシーンが多々あるので、「抜本的に変えましょう」、と根本的なあり方の変容を迫るシーンが多くある。この時、抜…

  • 1561 view