一流は大切の人のために時間を使う

  1. 問題解決
  2. 323 view

【読了の目安 : 1 分】

僕の大切な人たちへ。

社会や人々に影響のあることを行うということは、大なり小なりアンチの批判を受けることになる。

これは仕方のないこと。

しかしながら、アンチの対応に費やす時間は1秒たりともない。

なぜなら、この地球上において、時間だけが唯一平等に与えられた条件だからだ。

1日24時間、誰にどれだけ時間を費やすか。

三流は他人批判に時間を使い、二流は自我礼賛に時間を使う。そして一流は大切な人のために時間を使う。

(四流は他人に寄生・癒着・粘着し、他人批判を通じて自己のアイデンティティと権威を確立しようと躍起になり、五流はそれらに加えて嘘捏造を尽し他人を貶めようと詐欺行為を働く。始末に終えないのは自分ででっち上げた捏造を真実だと信じ込むことができるセルフマインドコントロールに天才的に長けているところだ。)

世間では「世のため人のため」というが、よくわからない。

そういうときは「大切な人のため」と解釈してみる。

大切な人のためにして何をしてあげるのか。何をやめるのか。

常に自問自答していきたい。

居合・剣術・真剣試し斬り!流派・経験・国籍不問。場所を選ばず自宅で学ぶ武術稽古

真剣武士道指南役 後藤健太の真剣武士道にオンライン道場ができました。入門者募集しています。

真剣武士道公式ページへ

関連記事

根本的と抜本的の違いとは

会社経営のアドバイザリー業をしていると、抜本的改革が必要なシーンが多々あるので、「抜本的に変えましょう」、と根本的なあり方の変容を迫るシーンが多くある。この時、抜…

  • 354 view

問題解決できない3つの理由

本当の問題とはできない理由を言ったり、やらない理由を並べ立てりして、「これが問題だ」なんて知ったようなことを言う人がいる。しかしながら、ほとんどの場合それが問…

  • 747 view