一流は大切の人のために時間を使う

  1. 未分類
  2. 909 view

【読了の目安 : 1 分】

僕の大切な人たちへ。

社会や人々に影響のあることを行うということは、大なり小なりアンチの批判を受けることになる。

これは仕方のないこと。

しかしながら、アンチの対応に費やす時間は1秒たりともない。

なぜなら、この地球上において、時間だけが唯一平等に与えられた条件だからだ。

1日24時間、誰にどれだけ時間を費やすか。

三流は他人批判に時間を使い、二流は自我礼賛に時間を使う。そして一流は大切な人のために時間を使う。

(四流は他人に寄生・癒着・粘着し、他人批判を通じて自己のアイデンティティと権威を確立しようと躍起になり、五流はそれらに加えて嘘捏造を尽し他人を貶めようと詐欺行為を働く。始末に終えないのは自分ででっち上げた捏造を真実だと信じ込むことができるセルフマインドコントロールに天才的に長けているところだ。)

世間では「世のため人のため」というが、よくわからない。

そういうときは「大切な人のため」と解釈してみる。

大切な人のためにして何をしてあげるのか。何をやめるのか。

常に自問自答していきたい。

困った時にはLINEで気軽に経営相談

サムライ社長こと「社長の御目付役」後藤健太の経営相談専用LINEビジネスアカウントを友だちに追加しよう。ご利用は無料です。1:1トークに対応しているのでいつもLINE感覚で気軽に相談できます。

後藤をLINEで友だちに追加
後藤健太

【サムライ社長】
斬法総合研究所所長/真剣武士道指南役
株式会社コンセプト・コア代表取締役/経営コンサルタント
会社の公式として書けないことをこちらの社長ブログに書いてます

記事一覧

関連記事

母校で職業座談会講師〜その2

「母校(私立清真学園高等学校)で高校1年生向けに職業座談会講師をしました」つづき。現在の職業に関すること仕事経営コンサルティング会社の経営1. 仕事と…

  • 50 view

娘と畑へ(除草、水やり)

家族持ち回りで体調を崩し、父ちゃんはまだ不調で家で静養していたいのだけれど、娘は元気元気なので気になっていた畑へ行くことに。畑までの道のりは大人の足で片道30分、…

  • 78 view