問題解決集中講義 Part.3 問題解決できない3つの理由

  1. コンサル不要論
  2. 51 view

【読了の目安 : 2 分】

問題解決できない理由とは

問題解決できない理由を一つだけ挙げるとすれば、それは当然「何が問題だかわからない」ということに尽きます。

一番多いパターンは、問題は「行動していないこと」「活動量が足らないこと」です。

行動しなければ、活動しなければ問題そのものが発生しないので、問題を特定することができません。したがって、問題が発生していない時は当然ながら、何が問題だかわからないのです。

結果や成果が行動からしかもたらされないように、問題も行動からしかもたらされません。

それもそのはず。行動した結果が不満足なもので、理想通り、計画通りにならなかったから、それが問題となるわけです。

問題の大きさ

さて、行動をしていて問題が顕在化してきている時に、次に問題解決できない理由として浮上するのが、問題の大きさです。

社会問題や環境問題、教育問題、人権問題などなど、地球規模的、社会的サイズの問題はたしかに問題と名前がついていますが、一個人が解決出来る問題であろうはずがありません。

最終目的はそういった問題の解決にゴールをおいていいのですが、そういう場合には、自分に出来る範囲でこういう状態が実現できたら、ゴール状態に近づいていると言える、というところまでブレークダウン(分解)する必要があります。

昨今では、社会起業が流行していますから、大きな社会問題をなんの戦略もなしに解決しようとする勘違い起業家も大変増えています。

他人依存の姿勢

問題が顕在化している場合に多い問題解決できないパターンは、原因を自分のできる範囲ではなく、外的要因に求める思考習慣です。

集客ができないのは天気が悪いからだ、とか、ライバル店が近所にできて奪われたからだ、とか、疫病が蔓延したから、気候の影響で不作になり原料が高騰したから、などとよく言いますが、それは同じ業界で商売する人にとって共通条件であって、問題の原因ではないのです。

つづきは動画で学んでください。

問題解決集中講義目次

  1. 問題解決集中講義/悩みの解消を簡単にする技術
  2. 問題解決集中講義と達成会議の役割分担について
  3. 問題解決集中講義 part.1 問題認識の3段階
  4. 問題解決集中講義 part.2 悩み解消の3段階
  5. 問題解決集中講義 part.3 問題解決できない3つの理由
  6. 問題解決集中講義 part.4 問題解決の3段階と2つの質問
  7. 問題解決集中講義 part.5 問題解決の3つの姿勢
  8. 問題解決集中講義 part.6 問題解決の具体例と思考習慣

居合・剣術・真剣試し斬り!流派・経験・国籍不問。場所を選ばず自宅で学ぶ武術稽古

真剣武士道指南役 後藤健太の真剣武士道にオンライン道場ができました。入門者募集しています。

真剣武士道公式ページへ

関連記事

コンサル不要論【概論】

経営コンサルタントから経営戦略家へ最近、名刺の表記を経営コンサルタントから経営戦略家に変更した。コンサルタントという「あり方」に違和感を感じ始めたからだ。そもそも自分…

  • 286 view

したたか者と浅はか者

競争力の源泉は仕組化できないところにある。これは真実だが、だからと言って仕組化を否定するものではない。仕組化できるものはしなければならない。いつの時代も、…

  • 65 view

根本的と抜本的の違いとは

会社経営のアドバイザリー業をしていると、抜本的改革が必要なシーンが多々あるので、「抜本的に変えましょう」、と根本的なあり方の変容を迫るシーンが多くある。この時、抜…

  • 289 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 8月 25日