「つかむ」のではなく「かむ」【稽古備忘録】金山剣術稽古会20181001(杖術、剣術、抜刀術)

  1. 稽古
  2. 104 view

【読了の目安 : 3 分】

まずはじめに、金山先生のDVDが某武術系出版社から発売されることになりそうなのでその告知を。

撮影は来月中旬。

テーマは金山剣術稽古会で行っている杖術、剣術、抜刀術。僭越ながら私後藤が剣術パートの打太刀を務めさせていただくことになったので、あと1ヶ月でここのところ忙しくて鈍りに鈍った身体を絞ろうと決意した次第。

まったくこういうことでもなければやる気にもならないとは私の決意も大したことのないものである。

さて、本日の金山剣術稽古会、杖術で高速の三十連円打を行った。三十本の技はまだ手順も怪しいところであるが、スピードアップすると考えてもいられない。

このスピードというのは一つ一つの技のスピードというより、技と技の繋ぎ目をいかに詰まりなく行うかが鍵だ。

一通り行うと息切れするのは、まだまだ無駄な動きが多い証拠である。

こういうのはゆっくりやっていてはなかなか気づけないので、連続技を高速で行う意味がここにある。

つづく剣術では、早速来月撮影予定の技の確認。

始まると周りが一斉に注目するほどにいつも切羽詰まった状況を想定して行っているのであまり心配はしていないが、唯一心配なのは、本番でどちらかの木刀が折れやしないだろうか、ということだ。

念の為新しい相棒を育てておいたほうが良いかもしれない。

収録技に八相からの袈裟斬りがある。受けは手前に構えた木刀を相手のオコリを察してかわし打たれてはならないのだが、金山先生のそれは神掛かった速さがあるので、もはや躱すことが困難極まりない。

二三惜しいものがあったが結局全打撃墜された。

本番では五分五分には持っていきたいものだが映像的には全土撃ち落とされる方が良いのだろう。回避に成功したものはきっと編集でカットされるに決まっている。

抜刀術では柄握りに大きな進展があった。

今まで柄握りに行く前にダランとリラックスさせていた右手に、張りを作っておいてまるで指を弾くかのようにビッと掴みにいくと素早く抜刀できるという気づきをシェア頂き、早速二人で検証してみることに。

感覚を掴むまで何度か抜いているうちに、「つかむ」のではなく「かむ」感覚だと気づいた。

grab ではなく bite である。

そう、まるで肉食の魚類が獲物を捕食する様にそっくりだ。

右腕全体を捉えればそれはまるでウツボの如く、岩陰に身を潜めて目の前のにやってきた獲物に喰らいつくかのように柄を取りに行く。

居合では拝み取りと言って拝み手で柄を取りに行くことを教わるが、こんなことをしていては柄手にとった瞬間に右手は落とされている。

握ってから抜くまでのタイムラグがあり過ぎるのだ。

まして鞘送りして気勢を送りながらそろりそろりと抜き付けていく眠たい動きでは抜くまでに何度斬られていることか。

これまで身体は浮きと抜きにより筋力に頼ることなくほとんど瞬間的に動けるようになってきたものの、この柄握りがワンテンポもツーテンポも遅いものだからなんともチグハグな抜刀になっていたことに今更ながらに気づいた。

噛み付く柄握りではMP関節の働きが重要であることにも気づいた。親指と人差し指の間で柄を取りに行くのではなく、MP関節をぶち当てていくように噛み付く。

これにより掴んでから改めて抜いていく無駄なアクションが省略され、そのため「早く」抜ける。

ここに噛み付く勢いが殺されずに作用していく、そのため「速く」抜ける。

さまざまな抜刀技で確認してみたがいずれも同一人物とは思えないくらいにはやくなった。

これは病みつきになりそうだ。

早速斬法稽古でも検証してみたい。

関連記事

試し斬りから学ぶこと

決算期ともなるとさすがにこまめに記事を更新している余裕がないのでまとめ記事になってしまう。動画も撮り溜まっていてSNSの方にはちょいちょい投稿してあるがYou Tubeに…

  • 24 view

MP関節の斬法への応用

本日の出張斬法指導は、「手の内」をテーマに実施した。より具体的にはMP関節の運用についてである。MP関節とは手や足の指の付け根にある第三関節のことで正確に…

  • 32 view

【居合・剣術】刀の手の内

土方の握り方って、これ本当でしょうか?(笑)「土方歳三」の刀の握り方がTVで報道され話題に!写真も拝借→ http://www.com/archives/…

  • 641 view