ブランディングプロデューサーの見極め方

  1. 問題解決
  2. 36 view

【読了の目安 : 2 分】

ブログ、SNS、肩書き、ネーミング、名刺、ホームページ、プロフィール写真、動画、出版等を駆使して(売りにして)ブランディングを行うブランディングプロデューサーがゴロゴロいますが、彼らは手法(やり方)をウリにしているわけです。

例えば、なんでもかんでもNo.1をつけたり、名刺に顔写真を入れたり、

ブランディングとは、「あり方」に関わる極めて本質的な持続的なテーマであり、軽薄で表面的で即効性はあるが一時的な「やり方」に終始する話ではありません。

もしあなたが、不運にも手法(やり方)をウリにする彼らのプロデュースを受けることになったなら、通り一遍、どこかで見たことのある型にはまった「金太郎飴ブランド」が量産されることとなる。

彼ら(手法を売りにするブランディングプロデューサー)が売れれば売れるほど、金太郎飴は増え続け、陳腐化の速度を自ら早めることとなるのです。

これは、従来の大量生産・大量消費という思想の上に成り立つ、使い捨て、安売り、投売りといった未熟で寝ぼけた生産・消費社会の縮図に他なりません。

プレミアム(上質)かどうかは、この違いを見抜く審美眼を備えているかどうかの違いでもあります。

つまり、プロデューサーの手垢が色濃く残る金太郎飴になってしまった段階でそれはプレミアムとは対極の存在となるのです。

それはプロデューサー自身のブランディングに役立つことはあれ、プロデュースされた人やもののブランディングに役立つことはあまりありません。

それは、彼らの軽薄で表面的な手法の効果の証明と影響力の増大に加担することはあれ、自身の存在意義や市場価値を高めるものとはなりにくいといって良いでしょう。

手法は目的に従属するのであって、先行するものではありません。

ここの見極めは常に大切です。

月刊秘伝に掲載された「真剣斬法」をオンラインで学ぶ

武道・武術系雑誌の最高峰「月刊秘伝2020年2月号」の日本刀特集に掲載された「真剣斬法」をオンラインで学べます。流儀流派経験不問です。

真剣武士道公式ページへ
後藤健太

Samurai Sword Master
斬法総合研究所所長/真剣武士道指南役
経営コンサルタント
株式会社コンセプト・コア代表取締役

記事一覧

関連記事

退路を断つ人ほど何かを成し遂げる

経営コンサルティング会社を経営しているので、時々起業の相談があります。起業後事業をうまく軌道に乗せられる人もいればそうでない人もいます。そこで、起業家として成功で…

  • 164 view

理想顧客が増えない3つの理由

自社や、自店舗のお客様が当初想定していた属性とどうやら異なると感じる、あるいは、「うちの店にはいいお客様が少ない」とぼやいているダメな経営者をよく見かける。また、…

  • 250 view