毎日懸垂100回は可能か。できない理由を消し去るテクニック。

  1. 未分類
  2. 3234 view

【読了の目安 : 2 分】

毎週月曜の定例パーソナルトレーニング。今日は一人超人会メニュー。

バーベル担いだ加重スクワット150回に始まり、バーベルベンチプレス100回、そして〆に自重懸垂100回だ。

超人会は文字通り人間の限界を突破していくことを目指しているので、常軌を逸した高負荷高回数メニューで組むのが特徴だ。

それぞれ一気にやるわけではなく、限界回数までやって休んでまたやってを繰り返す。

懸垂100回なんて無理だと思う人もいるかもしれないが、時間を制限してみたらどうだろう。たとえば10分で100回何回休んでも良しとしたら。

そして、完璧なフォームなど求めない。上がりきらなくても上げるべく最大筋力を発揮していればOKとしたら。

1回でも前にすすめる。10分100回なら1分あたり10回やれば良い。

そして10分程度なら毎日時間を確保できるのではないか。

この時点で、100回なんて無理、時間がないというできない二大理由を打ち消された。

もうできない理由は言うことはできない。これでもできない理由を並び立てるのならば、それはもはやできない理由ではなくやらない(やりたくない)理由となる。

剣術や抜刀術(居合)の稽古でもそう。基本の納刀抜刀が満足にできない人に自主練を促す。毎日200回やってほしい、と。 すると、そんなにできない、そんなにやる時間がないと言う人がほとんどだ。やりもしないでよく言うなと思うが、やってみれば200回などものもの数分である。

一分間に20回できる人ならたったの10分だ。1分間に40回できる人ならたったの5分だ。

一日のうちでわずか10分が確保できない人などそうそういないのだからできない理由など本当はないのかもしれない。

困った時にはLINEで気軽に経営相談

サムライ社長こと「社長の御目付役」後藤健太の経営相談専用LINEビジネスアカウントを友だちに追加しよう。ご利用は無料です。1:1トークに対応しているのでいつもLINE感覚で気軽に相談できます。

後藤をLINEで友だちに追加
後藤健太

【サムライ社長】
斬法総合研究所所長/真剣武士道指南役
株式会社コンセプト・コア代表取締役/経営コンサルタント
会社の公式として書けないことをこちらの社長ブログに書いてます

記事一覧

関連記事

満足度100%|戦略会議開催レポート

2月27日に戦略会議の第1回を開催しました。少人数でじっくりと意見交換ができ、とても充実した会議となりました。会議のルール説明や、会議をする上での考え方などをシェ…

  • 48 view

Macbook Pro Mid2012(Yosemite)S…

もともとWindowsをずっと使用してきたわたしがとあるきっかけからついにMacを手に入れたのが2012年。ちょうど独立してしばらくした頃だった。そのきっかけとは…

  • 3974 view

灼熱の野天稽古

昨日は40度に迫る炎天下の野天稽古。子供も外では遊ばないであろう強い日差しで命の危険を感じる暑さだった。試し斬りは稽古の一環であるため、テーマを明確に設定…

  • 78 view