潜在意識を語る似非専門家たちへ

  1. 未分類
  2. 162 view

【読了の目安 : 2 分】

潜在意識をどれくらい活用しているか

世の中には色々な専門家がいるが、中には自称も多いわけで。

先日、潜在意識の専門家を名乗っている人と話す機会があったが、まったく専門家じゃなかった。

その人は「人生うまく行くか行かないかは潜在意識をどれだけ活用できているかだ」、とか言っていたが、逆にあなたはどれだけ活用できてるのだろうかと問いたかった。

それを測定することができるのなら是非測定して見せてほしい。

そんな方法はいまだ確立されていないのだ。だとしたら活用の度合いを議論することはまったくのナンセンスであろう。

測定しない以上活用の度合いを議論するのは単なる思い込みに過ぎない。

潜在意識は引き出せるのか

こういう人もいる。

潜在意識を引き出すとか発揮するとかいうのだ。

顕在か潜在かは問題ではない。

役割があってそうなっているだけで、あるいは理解の簡単のために便宜上そうなっているだけで、もっといえばどちらも引き出すまでも発揮するまでもなく、すでに在るのだ。

ましてや活用するとか意気込むまでもない。

誰もがすでに持っているものを十分に活用しているのだ。

そういうわけで、活用とか引き出すとか発揮するとか言っちゃう似非専門家の言うことはまったく信用ならない。

潜在意識の状態がポイント

持論であるが、潜在意識は良い状態にあるかどうか、それだけがポイントであり、良い状態に(もちろん悪い状態にも)する方法は色々ある。

良い状態か悪い状態かは、結果を見れば明らかだが、それを測定しろといっても出来ない(今のところは)。

結果を見てどうやら良い状態にありそうだ、悪い状態にありそうだ、良い状態にすれば良い結果がもたらされるだろう、とせいぜい推論するだけである(しかし、それで十分だ)。

したがって、ぼくは間違っても専門家を名乗ることは出来やしないが、多くの似非専門家が活用とか引き出すとか発揮とか言っている脇で、少しもそのパーセンテージを変えることなく、彼らより好結果を導き出すことができる。

結果から推論すれば、どちらが理屈として正しそうかは明らかだ。

補足しておくと、専門家であれば知ってて当然であるとは思うが、潜在意識は生命維持に深い関連性があるから、パーセンテージをいじるということは生命維持に影響があることは容易に想像できるはずだ。

困った時にはLINEで気軽に経営相談

サムライ社長こと「社長の御目付役」後藤健太の経営相談専用LINEビジネスアカウントを友だちに追加しよう。ご利用は無料です。1:1トークに対応しているのでいつもLINE感覚で気軽に相談できます。

後藤をLINEで友だちに追加
後藤健太

【サムライ社長】
斬法総合研究所所長/真剣武士道指南役
株式会社コンセプト・コア代表取締役/経営コンサルタント
会社の公式として書けないことをこちらの社長ブログに書いてます

記事一覧

関連記事

クラーチ剣術教室に参加

昨晩の金山先生との稽古会で先生よりお誘いいただき、先生が週一で講師をされているクラーチ剣術教室へお邪魔することに。クラーチとは介護付き有料老人ホームである。…

  • 310 view

母校で職業座談会講師〜その5

最後に社会人として求められることについてお話しました。以下、バックナンバーです。 「母校(私立清真学園高等学校)で高校1年生向けに職業座談会講師をしました…

  • 34 view

【定例研究会】斬法総合研究所20180830

毎週木曜日は斬総研の定例研究会。未経験者はご遠慮頂いているが、どこかで居合や剣術の手習いがあり、稽古中の技で斬ってみたいとう人に限って定例研究会への参加を特別に認…

  • 144 view

競争力の源泉

差別化とか独自性とか、そういうのを意識しすぎて、誰にも相手にされない孤独な領域に足を踏み込み入れてしまう人がいる。戦わないと言う時、相手がいなければ当然戦うことは…

  • 94 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。