問題解決

Life is Contents/主体的に生きるのか従属的に生きるのか

【読了の目安 : 3 分】

「頼まれたからやる」、「やってやっている」という意識、これほどくだらなくてくそつまらない人生もない。

これは他人頼りの姿勢以外の何者でもなく、運命は自分で切り拓くものと当たり前に考えている人々とは対極にある姿勢だ。

たとえ表向きは依頼仕事であろうが、それを承諾するか否かは自分次第である。

「やる」と答えた瞬間にそれは自分事になるのであり、自分の「仕事」となる。頼まれたことを頼まれたとおりにやる「作業」とは違う。

要求事項を満たすのが「作業」であり、要求を上回ってプラスアルファの価値を生み出すのが「仕事」だ。

要求をきっちり満たすことは大切であるが、要求を満たしただけでは不満もないが満足もない。

そもそも、要求を満たすだけの作業はあなたでなくてもできる(誰でもできる)ことかもしれない。

ではなぜ誰にでもできることをあなたに頼むのかと言えば、あなたにしかできない仕事を期待されているからに他ならない。

もちろん、そこにあなたがいた(あなたしかいなかった)からだといくらでも悲観的に捉えることはできるが、どう捉えるかは自由であるから、どんなことも他の誰にもできない自分にしかできないことがあるはずだと前向きに捉えて主体的に仕事をやり遂げること、そういう思考習慣を持つことは人生を豊かにする。

最悪なのは、「頼まれたから仕方なく」を超えて、「やってやっている」という「おまえ何様のつもりだ」根性を出すことだ。

こういう思考習慣をもっているうちはいつまでたっても幸せにはなれないし、物事を成すことはできない。つまり、成功はありえない。失敗続きの負け犬人生を歩み続けることになる。

おまえ何様のつもりだ?と英語にすると

Who do you think you are?

となる。

直訳すれば、「あなたはあなたを誰だとおもっているのですか?」となる。

勝ち組であろうが負け組であろうが、勝者であろうが敗者であろうが、成功者であろうが落伍者であろうが、自分を何者であるか、自分が何であるか、あり方は自分で決めればよいし自分にしか決められない。

自分で自分をつまらないやつだと定義するのも自由だが、そんなつまらない人生はごめんだと思うなら今この瞬間に考え方を改めれば良いし、自己認識を上書きしてしまえばいい。

望ましい人生を手に入れている望ましい自分に今この瞬間からなればよい。

なにより頼まれたから仕方なくやってやっているという意識の持ち主というのは、一日のうちの殆どの時間を、つまり人生の殆どの時間を、仕事の依頼主に捧げることとなり、やってやっているつもりで実は奴隷になっていることに気づかない。

奴隷になるのが嫌ならすべては自分で主体的に選択していることだと認識を新たにしなければならない。

一日のうちほとんどの時間を自分のために使うことができる主体的な人間と、ほとんどの時間を他人に搾取されることになる従属的な人間とでは、同じ時間を生きたとしても人生に大きな差が生まれるのは当然のことだ。

1+1が2となるくらい自明の理である。

生きてるだけで丸儲けとなる人生を歩むためには、主体的に生きる時間をいかに増やし、従属的に生きる時間をいかに減らすかが重要である。

Life is Contents.

人生がそのまま売りものになる主体的な生き方、それが Life is Contents な生き方だ。

ピックアップ記事

  1. 最新の脳科学?あなたはいつまで脳みそに囚われ続けるのか
  2. 差別ではなく区別
  3. おもてなしとはなにか〜おもてなし、ホスピタリティ、サービスの違い論争に終止符を打…
  4. 認可外だからこそ充実の保育が実現|これからの保育園事業を考える
  5. ミッション・ビジョン・バリューとは

関連記事

  1. コンサル不要論

    問題解決集中講義 Part.1 問題認識の3段階

    問題解決とは何か問題解決とは何かがわからないと問題は解決できません…

  2. 問題解決

    【達成会議】確実に目標達成するための参加者心得

    目標達成するトップ4%のための、理想と現実のギャップを解消しあるべき姿…

  3. コンサル不要論

    問題解決集中講義 Part.5 問題解決3つの姿勢

    問題解決の姿勢(心構え)達成会議をやって分かりましたが、知識や技術…

  4. 問題解決

    Going my way

    人は他人にはなれない。ただ自分になるだけである。人に影…

  5. 経営戦略

    理想顧客が増えない3つの理由

    自社や、自店舗のお客様が当初想定していた属性とどうやら異なると感じる、…

  6. 問題解決

    一流は大切の人のために時間を使う

    僕の大切な人たちへ。社会や人々に影響のあることを行うということ…

おすすめ記事

注目の記事

  1. 【稽古備忘録】金山剣術稽古会&後藤真剣斬法研究会2018年…
  2. 寸勁零式、ついに全天候型へ
  3. Life is Contents/主体的に生きるのか従属的に…
  4. 普遍性を追求すると何にでも活かすことができる
  5. 情熱はつくれるか〜情熱がもてなくて悩むあなたへ3つのアドバイ…
  6. 最新の脳科学?あなたはいつまで脳みそに囚われ続けるのか
  7. SNSで喜怒哀楽・一喜一憂している人は平常心を学ぶべき
  8. 販売代理から購買代理へ〜セルフイメージの実践的活用法
  9. 差別ではなく区別
  10. 謙虚さなしは成長なし

アーカイブ

  1. 稽古

    アラインメントとドリル
  2. 経営戦略

    マッチョが日本を救う?自己成長実感を刺激して中年男性市場を開拓せよ
  3. 稽古

    続・袈裟斬りの新天地【稽古備忘録】金山剣術稽古会20171117(杖術・剣術・抜…
  4. トレーニング

    レトルトレーナーには気をつけろ!パーソナルトレーニング日誌 20170807
  5. トピックス

    新年のご挨拶|株式会社コンセプト・コア 代表取締役 後藤 健太
PAGE TOP