MP関節の斬法への応用

  1. 稽古
  2. 58 view

【読了の目安 : 1 分】

本日の出張斬法指導は、「手の内」をテーマに実施した。

より具体的にはMP関節の運用についてである。

MP関節とは手や足の指の付け根にある第三関節のことで正確には中手指節間関節という。metacarpophalangeal joint でMP関節である。

それをどう運用するかについては割愛。

つまりは、MP関節の運用により様々な太刀筋を実現する、ということだ。

(この動画は私の稽古会に参加している人で閲覧許可をした人のみ閲覧可能です。)

抜打ち逆袈裟のデモンストレーションは、溜めをつくるタイミングを指導しているため、わざとワンアクション入れているが実際には分からないように溜める。

上の動画から、最後にさらっとやっている一太刀をクローズアップ。(この動画は私の稽古会に参加している人で閲覧許可をした人のみ閲覧可能です。)

畳表に刃を密着させた状態から一刀両断する寸勁零式の進化版。従来の固定式から無固定で行った。また、今回は「浮き」を使って「技」で斬ってみた。今までは丹田に気を溜めて「気」で斬っていた。従来式は気を貯めるのに時間を要すため実践的でなかった課題をクリアした形。

月刊秘伝に掲載された「真剣斬法」をオンラインで学ぶ

武道・武術系雑誌の最高峰「月刊秘伝2020年2月号」の日本刀特集に掲載された「真剣斬法」をオンラインで学べます。流儀流派経験不問です。

真剣武士道公式ページへ
後藤健太

Samurai Sword Master
斬法総合研究所所長/真剣武士道指南役
経営コンサルタント
株式会社コンセプト・コア代表取締役

記事一覧

関連記事

金山孝之 剣術特別講習会 20171125

稽古参加している金山先生の剣術特別講習会に参加した。なんと、剣術単体での講習会は初とのこと。個人的な興味といえば、テクニック云々ではなく、いつも時間の関係…

  • 104 view