トレーニングしながらリハビリ

  1. 未分類
  2. 62 view

【読了の目安 : 2 分】

毎週月曜定例のパーソナルトレーニング。

真剣斬法研究家としてプロ活動しているため、日々の稽古とトレーニングで鍛錬しながら調整し続けるということをしており、こうならともはやトレーニングなんだかリハビリなんだか分からなくなっている。

酷使して調整するを同時進行。

ここのところ左奥歯の治療をしているため右側で噛んでばかりいるせいで体の左右バランスが崩れてしまい、あちこちに変調をきたしている。

今日は左肩甲骨に違和感があり、バーベルを引き下げた最深部で激痛あり。

トレーナーにみてもらったところすぐに左奥歯の原因を見つけられたのだが、インターバル中に顎のポイントマッサージと肩甲骨解しを行うにつれ徐々に機能回復。

100回終えるまでにどんどん回復してどんどん挙げられるようになっていく不思議な体験をする。

筋トレではよくあること。

不調なら不調なりにトレーニングメニューを組む。これがパーソナルトレーニングの良いところ。不調の時に高負荷低回数のヘビートレーニングは難しいが低負荷高回数なら調整しながらしっかり追い込むことができる。

ルーティンとしてトレーニング日を設定するだけでなく、私のようにプロ活動をする(気軽に休めない)人間にはこうしてその日のコンディションに合わせて臨機応変にトレーニングメニューを組めるパーソナルトレーニングは欠かせない。

しかもそれは単に体を鍛えるメニューを組むだけではなく、機能改善、体調回復に繋がるメニューでありリハビリを兼ねていなければならない。

そんなわけでトレーニングが終わる頃には来る前より快調に。

これで夜の剣術稽古にも万全で挑めると思っていたが、夕方に予約していた歯の治療とその後の打ち合わせが長引き稽古は断念。

困った時にはLINEで気軽に経営相談

サムライ社長こと「社長の御目付役」後藤健太の経営相談専用LINEビジネスアカウントを友だちに追加しよう。ご利用は無料です。1:1トークに対応しているのでいつもLINE感覚で気軽に相談できます。

後藤をLINEで友だちに追加
後藤健太

【サムライ社長】
斬法総合研究所所長/真剣武士道指南役
株式会社コンセプト・コア代表取締役/経営コンサルタント
会社の公式として書けないことをこちらの社長ブログに書いてます

記事一覧

関連記事

士業(専門家)の多くが食えない3つの理由

ある朝、とあるFP(ファイナンシャル・プランナー)の方から相談があった。「FP事務所や、保険代理店は、専門性が求められている割に、差別化が難しいと感じています。現状を…

  • 708 view

競争力の源泉

差別化とか独自性とか、そういうのを意識しすぎて、誰にも相手にされない孤独な領域に足を踏み込み入れてしまう人がいる。戦わないと言う時、相手がいなければ当然戦うことは…

  • 129 view

真似する人が出てくるのは良いのだけれど

日曜に転倒により負傷した右脛の状態が思った以上に悪く、月曜夜の金山先生との稽古は残念ながら断念。治療と回復に専念することに。明けて3日火曜日は締切抱えた仕事のため…

  • 120 view