したたか者と浅はか者

  1. 問題解決
  2. 19 view

【読了の目安 : 2 分】

競争力の源泉は仕組化できないところにある。

これは真実だが、だからと言って仕組化を否定するものではない。

仕組化できるものはしなければならない。いつの時代も、先に仕組化したものが勝つのであって、仕組化をサボったものに未来はない。

「誰でもできる」「超簡単」などと謳われる商材サービスは、仕組の局地であるがそれは搾取の仕組に過ぎない。

誰にでもできる簡単なことに競争力など皆無だ。

仮にその仕組が効果的で実際に収益を上げることができるものだとして、その誰にでもできる簡単なビジネスにたくさんの人が参画して競争が激化したらどうなるか。

当然群雄割拠の陣取り合戦の開幕だ。

仕組をつくり提供する者は、そんなもの百も承知で「先行者益」を掲げて煽り仕組を仕掛ける。

浅はかな者はそれにまんまと踊らされて自ら進んで仕組に組み込まれる。

したたかな者は、浅はかな者か誰にでもできるの簡単なことに夢中になっている間にも、仕組化できない部分を強化し競争力の源泉を磨きつづける。

ビジネスの本質は与える者と求める者のエコシステムであるが、求める者が誰でも簡単に楽して儲けられるものを求めているとして、与える者はそれをつくって与えているからエコシステムが成立するという。

表面上はそう見えるかもしれないが、実際にはそうではない。

あなたはしたたか者、浅はか者どちらだろうか。

後藤健太

Life is Contents! 人生に一片の無駄はなし。すべての経験をビジネスのネタにするくらい逞しく生きて行きたい。

記事一覧

関連記事

Going my way

人は他人にはなれない。ただ自分になるだけである。人に影響されやすいことは結構だが、言動や背格好まで真似てその人になりきろうとする人がいるが、「人と違うこと…

  • 2 view

コンサル不要論【概論】

経営コンサルタントから経営戦略家へ最近、名刺の表記を経営コンサルタントから経営戦略家に変更した。コンサルタントという「あり方」に違和感を感じ始めたからだ。そもそも自分…

  • 39 view

レジリエンス〜逆境に打ち勝つ力

最近紙面でもよく見かけるので書いておきましょう。文脈から判断するに、ようは「打たれ強さ」とか「自律」、「立ち直りのはやさ」というような意味かなと推測されます。…

  • 61 view

理想顧客が増えない3つの理由

自社や、自店舗のお客様が当初想定していた属性とどうやら異なると感じる、あるいは、「うちの店にはいいお客様が少ない」とぼやいているダメな経営者をよく見かける。また、…

  • 48 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。