問題解決集中講義 Part.4 問題解決の3段階と2つの質問

  1. コンサル不要論
  2. 66 view

【読了の目安 : 2 分】

問題解決の3段階

問題問題と大袈裟に言いますが、問題とは単なる現象・事象・事実にしか過ぎません。

問題は表出するというように、表に見えているごく部分的なものに過ぎません。氷山の一角とも言えます。それが現象として現れる原因が必ずあります。

したがって、問題解決するにあたっては以下の3段階を経ることになります。

  1. 問題の特定
  2. 原因の追求
  3. 解決策立案

これにはさらに問題解決の9項目と、9段階という細分化されますが、詳しくは動画で解説しています。

問題解決2つの質問

解決すべき問題の真犯人を明確にするために、問題解決思考では2つの活用します。それが

  1. 井戸の質問(深堀りの質問、原因追求)・・・原因が明確な単純な問題に有効
  2. トンネルの質問(展開の質問、他の原因の追求)・・・原因が不明な複雑な問題に有効

です。

どこまで質問を繰り返すのかというと、それ以上分解できなくなるまでです。

井戸の質問トンネルの質問について詳しくは動画で解説しています。

問題解決集中講義目次

  1. 問題解決集中講義/悩みの解消を簡単にする技術
  2. 問題解決集中講義と達成会議の役割分担について
  3. 問題解決集中講義 part.1 問題認識の3段階
  4. 問題解決集中講義 part.2 悩み解消の3段階
  5. 問題解決集中講義 part.3 問題解決できない3つの理由
  6. 問題解決集中講義 part.4 問題解決の3段階と2つの質問
  7. 問題解決集中講義 part.5 問題解決の3つの姿勢
  8. 問題解決集中講義 part.6 問題解決の具体例と思考習慣

居合・剣術・真剣試し斬り!流派・経験・国籍不問。場所を選ばず自宅で学ぶ武術稽古

真剣武士道指南役 後藤健太の真剣武士道にオンライン道場ができました。入門者募集しています。

真剣武士道公式ページへ

関連記事

潜在意識を語る似非専門家たちへ

潜在意識をどれくらい活用しているか世の中には色々な専門家がいるが、中には自称も多いわけで。先日、潜在意識の専門家を名乗っている人と話す機会があったが、まったく…

  • 109 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 8月 25日
  2. 2014年 8月 25日
  3. 2014年 8月 26日