問題解決集中講義 Part.4 問題解決の3段階と2つの質問

  1. コンサル不要論
  2. 76 view

【読了の目安 : 2 分】

問題解決の3段階

問題問題と大袈裟に言いますが、問題とは単なる現象・事象・事実にしか過ぎません。

問題は表出するというように、表に見えているごく部分的なものに過ぎません。氷山の一角とも言えます。それが現象として現れる原因が必ずあります。

したがって、問題解決するにあたっては以下の3段階を経ることになります。

  1. 問題の特定
  2. 原因の追求
  3. 解決策立案

これにはさらに問題解決の9項目と、9段階という細分化されますが、詳しくは動画で解説しています。

問題解決2つの質問

解決すべき問題の真犯人を明確にするために、問題解決思考では2つの活用します。それが

  1. 井戸の質問(深堀りの質問、原因追求)・・・原因が明確な単純な問題に有効
  2. トンネルの質問(展開の質問、他の原因の追求)・・・原因が不明な複雑な問題に有効

です。

どこまで質問を繰り返すのかというと、それ以上分解できなくなるまでです。

井戸の質問トンネルの質問について詳しくは動画で解説しています。

問題解決集中講義目次

  1. 問題解決集中講義/悩みの解消を簡単にする技術
  2. 問題解決集中講義と達成会議の役割分担について
  3. 問題解決集中講義 part.1 問題認識の3段階
  4. 問題解決集中講義 part.2 悩み解消の3段階
  5. 問題解決集中講義 part.3 問題解決できない3つの理由
  6. 問題解決集中講義 part.4 問題解決の3段階と2つの質問
  7. 問題解決集中講義 part.5 問題解決の3つの姿勢
  8. 問題解決集中講義 part.6 問題解決の具体例と思考習慣

困った時にはLINEで気軽に経営相談

サムライ社長こと「社長の御目付役」後藤健太の経営相談専用LINEビジネスアカウントを友だちに追加しよう。ご利用は無料です。1:1トークに対応しているのでいつもLINE感覚で気軽に相談できます。

後藤をLINEで友だちに追加
後藤健太

【サムライ社長】
斬法総合研究所所長/真剣武士道指南役
株式会社コンセプト・コア代表取締役/経営コンサルタント
会社の公式として書けないことをこちらの社長ブログに書いてます

記事一覧

関連記事

レジリエンス〜逆境に打ち勝つ力

最近紙面でもよく見かけるので書いておきましょう。文脈から判断するに、ようは「打たれ強さ」とか「自律」、「立ち直りのはやさ」というような意味かなと推測されます。…

  • 418 view

根本的と抜本的の違いとは

会社経営のアドバイザリー業をしていると、抜本的改革が必要なシーンが多々あるので、「抜本的に変えましょう」、と根本的なあり方の変容を迫るシーンが多くある。この時、抜…

  • 1170 view

問題解決できない3つの理由

本当の問題とはできない理由を言ったり、やらない理由を並べ立てりして、「これが問題だ」なんて知ったようなことを言う人がいる。しかしながら、ほとんどの場合それが問…

  • 960 view

一流は大切の人のために時間を使う

僕の大切な人たちへ。社会や人々に影響のあることを行うということは、大なり小なりアンチの批判を受けることになる。これは仕方のないこと。しかしながら、…

  • 464 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 8月 25日
  2. 2014年 8月 25日
  3. 2014年 8月 26日