本物とは何か〜認識論と価値論の間〜

  1. 未分類
  2. 201 view

【読了の目安 : 2 分】

本物とはなにか

毎晩夕食時にはマッサンの録画を見る我が家。

昨日の放送(第9回)は、鴨居欣次郎がブレンドしたというワインの試飲を頼まれたマッサンが「混ぜもんじゃない本物のウィスキーをつくる」と鼻息を荒くする話。

これを聞いた妻が「本物ってなんだろうね」と。

「それを言うなら本場もんだよね。」と僕。

食にまつわる本物 or 偽物論争

食にまつわる本物 or 偽物論争は、ことSNS上でも見苦しいくらいに毎日見かけるが、そのもっとも浅はかで愚かしい主張は、混ぜもん(保存料や着色料など食品添加物)が入っているか否かという区分け。

入ってるものを偽物といい、入ってないものを本物と言ってるわけだ。

面倒なので説明は省いて結論を言えば、真偽を扱う認識論的にはどちらも本物である。

ただ、入っている”それ”か、入っていない”それ”というだけ。

これを真しやかに「真実の情報」と知ったかぶりをして啓蒙活動する個人や団体も増えてきているが、偏った価値観による軽い洗脳である。

情報の判別に習熟し判断上手に

やれ本物だ偽物だとギャーギャー喚く人というのは、好き嫌い、良し悪し、善悪をただ単に自分の趣味嗜好・主義志向を価値論的に主張しているに過ぎない。

「あたしイチゴ好き〜」

と言ってるのと大差ない。そんなこと他人にはどうでもよいのである。

この話の肝要は、そういう情報を知り得た上で判断に迫られた際の選択基準・判断理由になる、ということ。

知っていて主体的に選ぶのと知らないで受動的に選択させられるのでは同じものを手にするのでもまったく意味合いが異なるのだから。

すべての知識や情報は、主体的選択(未来創造)のためにあると言っても過言ではないかもしれない。情報処理、もしくは情勢判断においては、処理や判断の順番を間違えてはいけない。

認識論→価値論→方法論の順番に検討し、誰かが主張しているその情報は、その3段階のどの段階に属しているのか判別しなくてはならない。

困った時にはLINEで気軽に経営相談

サムライ社長こと「社長の御目付役」後藤健太の経営相談専用LINEビジネスアカウントを友だちに追加しよう。ご利用は無料です。1:1トークに対応しているのでいつもLINE感覚で気軽に相談できます。

後藤をLINEで友だちに追加
後藤健太

【サムライ社長】
斬法総合研究所所長/真剣武士道指南役
株式会社コンセプト・コア代表取締役/経営コンサルタント
会社の公式として書けないことをこちらの社長ブログに書いてます

記事一覧

関連記事

娘と畑へ(除草、水やり)

家族持ち回りで体調を崩し、父ちゃんはまだ不調で家で静養していたいのだけれど、娘は元気元気なので気になっていた畑へ行くことに。畑までの道のりは大人の足で片道30分、…

  • 63 view

Silent Customer is silent gone…

苦情を見て見ぬふりしていないだろうか。苦情に感謝すべき、クレームはチャンスと言われるのは、単に心構えや姿勢の話をしているのではなく、苦情自体の希少性によることは余…

  • 400 view

【稽古備忘録】金山剣術稽古会20170807

本日の金山剣術稽古会は17時からの2時間はマンツーマンレッスン、その後一人合流したがわたしは自主稽古、たまに参加で抜刀術のみ合同で。順番があべこべになるが、〆の抜…

  • 100 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。