抜刀十二本【稽古備忘録】金山剣術稽古会20180820(杖術、剣術、抜刀術)

  1. 稽古
  2. 84 view

【読了の目安 : 1 分】

週末までの秋の陽気が嘘のように暑さがぶり返した月曜日。

吹き出る汗を拭きつつ灼熱の道場稽古 を行う。そういえば、いつも利用している新宿スポーツセンターの武道場は、2018年12月から2019年3月までの4ヶ月間空調関係の工事が入るらしく休館となるそうだ。

代替の公共施設を探しているが、ここで練習している皆さんはどこへいくのだろうか。

金山剣術稽古会は少人数なので斬総研の神田LABOでも問題ない。新宿が使えない間はそちらを使うとする。

さて、杖術、剣術は左手の怪我もありそこそこだったので今日は抜刀術メインで。

抜刀術は十二本を通しで行った。

とはいえ今までバラバラに行っていたもので順番を教わったのは今日が初めて。覚えられないのでメモ。

  1. 巴抜き
  2. 懐月
  3. 稲妻
  4. 飛燕
  5. 逆手前方抜き
  6. 鷲眼一閃(しゅうがんいっせん)
  7. 津波返し
  8. 隅返し
  9. 天神抜き
  10. 滝壺
  11. 趺踞(ふきょ)

今日ははじめての通しなので概観だけサクッと。

その他、体重の反動の使い方や正座からの抜刀などいろいろ研究。なにかが掴めそうな予感。

月刊秘伝に掲載された「真剣斬法」をオンラインで学ぶ

武道・武術系雑誌の最高峰「月刊秘伝2020年2月号」の日本刀特集に掲載された「真剣斬法」をオンラインで学べます。流儀流派経験不問です。

真剣武士道公式ページへ
後藤健太

Samurai Sword Master
斬法総合研究所所長/真剣武士道指南役
経営コンサルタント
株式会社コンセプト・コア代表取締役

記事一覧

関連記事

剣術特別講習会20180414(金山剣術稽古会)

日曜が雨だというので朝一番で畑へ。自転車で飛ばして往復53分の農作業。夏に収穫する作物達の種蒔き。帰宅後急いて準備して正午から金山先生の剣術特別講習会に参加してき…

  • 70 view

真剣斬法に言い訳なし

日本刀(真剣)は元から先まで全てに刃がついていてどこでも斬ることができる。流儀流派によって、ものうちしか使わない、鋒しか使わないなど、部分的にしか使わないから使わ…

  • 192 view