リスクとはなにか

  1. 経営戦略
  2. 682 view

【読了の目安 : 2 分】

リスクの概念

リスク (risk) とは、一般的には、「行動することによって(あるいは行動しないことによって)、危険に遭う可能性や損害を被る可能性を意味する概念」 と理解されている。

日本語ではハザード (hazard) とともに「危険性」などと訳されることもあるが、

  • ハザード・・・潜在的に危険の原因となりうるもの
  • リスク・・・危険が現実のものとなる可能性

である。

たとえば、ハザードがあるとしてもそれが起こりえない場合のリスクは低く、確率は低くても起こった場合の結果が甚大であれば、リスクは高い。

リスクの語源

リスクの語源には諸説ある。

たとえば、イタリア語の「勇気を持って試みる」という意味の”risicare”や、ハザードや災いを意味する”risico”(スペインでは水夫が切り立った険しい岩を”risco”と呼んだ)がある。

また、アラビア語でリスクは「明日の糧」を表す言葉として使われてきた。

つまり、リスクとは、日本語で理解されているような単に危険を意味するものではなく、未来の夢を持ち挑戦する過程で危険や損失が生じる可能性という意味で使われる。

リスクとは明日の糧

成果は行動からしか生まれない。同時に、問題も行動しないと生じない。何も問題ないと言う人は、きっと何も行動していないのだろう。

リスクの語源が「明日の糧」とは、リスクを取らない限り明日の糧にありつけないということだ。リスクとは、「行動することによって(あるいは行動しないことによって)、危険に遭う可能性や損害を被る可能性を意味する概念」だから、つまりは、行動ありきなのだ。行動しない限り明日の糧(成果)もリスク(問題)も得ることは叶わない。

リスクとは、もともとアラビア語で「明日の糧」という意味。明日の糧はリスクをとらなければ得られない。だが、それは「リスク」であってもけっして「デンジャー(危険)」ではない。「危機」の半分はデンジャー(危)だけれども、もう半分は「チャンス(機)」なのだ(ケネディもそう言っている)。

明日の糧を得るために取り組むことは3つある。

  1. 正しい思考習慣を身につける
  2. 成果創出のために、まとまった空白の時間を創る
  3. 現状打破の姿勢で問題解決・目標達成・理想実現することで未来創造する

明日はなんとかなるというのは、愚者。 今日でさえ、遅すぎるのに。 賢者は、もう昨日済ましている。

チャールズ・ホートン・クリー(米国の社会学者)

ご質問・お問合せ

困った時にはLINEで気軽に経営相談

サムライ社長こと「社長の御目付役」後藤健太の経営相談専用LINEビジネスアカウントを友だちに追加しよう。ご利用は無料です。1:1トークに対応しているのでいつもLINE感覚で気軽に相談できます。

後藤をLINEで友だちに追加
後藤健太

【サムライ社長】
斬法総合研究所所長/真剣武士道指南役
株式会社コンセプト・コア代表取締役/経営コンサルタント
会社の公式として書けないことをこちらの社長ブログに書いてます

記事一覧

関連記事

主体的とは100%自己責任な状態

何か問題に直面した時、それを相手のせいにしたり環境のせいにしたりするのは、主体的な姿勢とは反対の、人頼りの姿勢にあると言える。 問題は自分で解決しないといつまで経っても解…

  • 387 view

ダイナミック・ケイパビリティ

企業とは環境適応業であるという。その時の、企業の環境適応力のことをダイナミック・ケイパビリティと呼ぶ。ポーター理論をくつがえす世界最先端の経営戦略論と名高く、日本…

  • 278 view