【筋トレ備忘録】月曜定例パーソナルトレーニング20180702

  1. トレーニング
  2. 49 view

【読了の目安 : 2 分】

昨日お借りしている貸農園の草刈りを行った。炎天下でおよそ2時間。帰りは軽い熱中症気味でフラフラになって帰ると、自転車担いで登った最後の階段でまさかの踏み外しにより転倒。右脛と左小指を負傷したので、今日のトレーニングは上半身メニューに限定。

トレーナーと交代で100回ベンチプレスでスタート。

50kgベンチ15repで刻み続け切りよく105回フィニッシュ。

トレーナーは倍重量で…化物である。

右肩の調子が良くなってきたので少しずつ重量を戻してきているが、前回40kgでキツかった100回も重量アップしても問題なかった。

まぁ、もともと挙げられる重量からすれば大分軽めではあるが、前回は40キロでも15回ずつ刻むのが辛かったことを思うと大分回復してきたかなと。

その後拮抗筋である背中を攻めて今日の筋トレは終了。この後40分のウォーキングで有酸素運動して帰る。

武術界隈では筋トレを否定する風潮がまだまだあるが、私は推奨派だ。でも、パーソナルトレーナーをつけない自己流筋トレは全くおすすめしない。パーソナルトレーナーにしても適任でない人が多いのでどんなトレーナーを選ぶかも重要だ。

良いトレーナーが見つからないのなら筋トレなどやらないほうがマシかもしれない。そのくらい筋トレはデリケートで緻密な運動だ。

大切なのは筋肉をつけることでも筋力をアップすることでもなく、目的に応じてパフォーマンスを発揮できるトレーニングを目指すことだ。つまり、目的が明確でないとならない。

目的が明確でありさえすればどんなトレーナーにどんなトレーニングを依頼すればよいのか自ずと明らかになる。

居合・剣術・真剣試し斬り!流派・経験・国籍不問。場所を選ばず自宅で学ぶ武術稽古

真剣武士道指南役 後藤健太の真剣武士道にオンライン道場ができました。入門者募集しています。

真剣武士道公式ページへ

関連記事

1cmを味わう

本日の筋肉語録毎週月曜は定例パーソナルトレーニング。今日は左腿肉離れにつき先週に引き続き上半身のみ。トレーナーより「1cmを味わう」という謎のフレーズが。…

  • 22 view

レジリエンス〜逆境に打ち勝つ力

最近紙面でもよく見かけるので書いておきましょう。文脈から判断するに、ようは「打たれ強さ」とか「自律」、「立ち直りのはやさ」というような意味かなと推測されます。…

  • 270 view