肯定的とは

  1. 経営哲学
  2. 40 view

【読了の目安 : 1 分】

時が熟すのを待つのはホントにキツイものがある。

我慢の連続だし焦ったって仕方ないし、その先に見ようとしているものがあるものの、その時何が見えるかはその時になってみないとわからないから。

時が熟すとあとはそれを収穫して美味しくいただくわけだが、食べ頃を逃すと腐るから注意。

元々目的志向のタイプだから何事もなんとなくやる、ということはあまりしないけれど、それでも創業5年目にしてようやくクリアに見えてきたものがある。

本当のお客様とは誰か。

それを見極めるためには消去法的にその逆のサンプルも数多集めなければならない。

僕の場合それに5年要した、というだけのこと。

たった5年で済んだと思うか、5年もかかったと思うか、その捉え方もひとそれぞれ。

ひとつ言えることは、物事は何事も肯定的に捉えない限り前には進めないということ。

肯定的とは、受け入れることに他ならない。

居合・剣術・真剣試し斬り!流派・経験・国籍不問。場所を選ばず自宅で学ぶ武術稽古

真剣武士道指南役 後藤健太の真剣武士道にオンライン道場ができました。入門者募集しています。

真剣武士道公式ページへ

関連記事

コンサル不要論【概論】

経営コンサルタントから経営戦略家へ最近、名刺の表記を経営コンサルタントから経営戦略家に変更した。コンサルタントという「あり方」に違和感を感じ始めたからだ。そもそも自分…

  • 286 view

差別ではなく区別

ある人からわたしの言動に対し「あなたはわたしを差別している」と指摘を受けた。わたしはコンサルタントなので「差別化」は好きだが「差別」はしているつもりはない。倫理的…

  • 137 view

レジリエンス〜逆境に打ち勝つ力

最近紙面でもよく見かけるので書いておきましょう。文脈から判断するに、ようは「打たれ強さ」とか「自律」、「立ち直りのはやさ」というような意味かなと推測されます。…

  • 294 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。