事業内容

生きがい

コンセプト・コアの中核事業

Company Renovation

組織風土改革および企業文化醸成コンサルティング

企業理念、経営戦略、ビジョン・ミッション・バリュー

リノベーションを通じて問題解決・目標達成・理想実現のサポート

および、新事業・新商品・新サービスの企画開発・導入支援・運営指導

コンセプト・コアの事業内容

①経営支援事業

▶経営サポート事業本部

組織風土改革、企業文化醸成コンサルティングなど。

②企画開発事業

▶プロデュース事業本部

新規事業、新商品、新サービスの企画開発・運用支援など。

③仕組構築事業

▶IT活用事業本部

経営(会社)が変わるWEBサイト構築支援、システムの構築・運用支援、クラウドを活用した人事評価制度の導入支援、コミュニケーションや業務を改善するグループウェア導入支援など。

コンセプト・コアのミッション(使命)

コンセプト・コアのミッション(使命)は、「自分で問題解決できる人を増やす」ことです。

経営戦略室を持たない小さな会社のための外部経営戦略室として存在(機能)することで、企業内部に自分で問題解決していける企業文化組織風土を醸成し、自律型組織をつくるサポートをします。

言われたことを正確に効率的に処理することができることに価値があった時代から、今必要とされているのは、自ら創造的に問題解決できる=主体的に現状打破できる人間であると言われています。

自身に依存させることで顧問先を中長期的に囲い込み、安定的なベース収入を増やすために思考力や判断力を奪おうとするコンサルタントが多くいる中、そんなコンサルタントは不要であるとコンサル不要論を提唱。顧客企業内部に、自分で問題解決できる自律型人材を育成し、自分たちで次々と問題解決していける自律型組織をつくるというスタイルで、業界の健全化に貢献していきます。

問題解決はゼロベース思考で、しばしば今まで信じてやってきたことを、あえて全否定するところからスタートし、まったく異質で新しいものへと進化(変態)させます。

コンセプト・コアのコンサルテーションは、コンサルタントへの依存を卒業し、自ら問題解決していくことが出来る企業文化組織風土の醸成を通じ、自律型組織となることを理想状態としています。

コンセプト・コアの事業領域

事業領域
コンサルバナーまちづくりバナーディレクションバナー
企画開発バナー達成会議バナーセミナーバナー

コンセプト・コアへのお問い合わせ

経営コンサルティングに関するご相談、コンセプト・コアとの業務提携のお問い合わせなど、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ・ご相談頂いたお客様から順次対応致しております。

必要事項をご入力の上お問い合わせください。

プライバシーポリシーをご一読の上、確認画面へお進みください。

ピックアップ記事

  1. 2016.2.19

    コンセプトのちから

    地域貢献活動の一環で、小規模コミュニティ運営に携わっています。
  2. 2016.1.20

    食品の鮮度を長期間保持する急速液体凍結機をプロデュースしています

    当社の志をご理解くださった”とても目の付け所が良い企業様”が、当社プロデュース製品である食品の鮮度を...
  3. 2015.12.21

    人に必要とされる会社をつくる

    人に必要とされるということは、幸せの要件だと思います。
  4. 2015.10.2

    450人大講演会|当事者意識の醸成について

    都内の某建設会社からオファーを受け、銀座ブロッサム中央会館にて「当事者意識の醸成」をテーマに講演して...
  5. 2015.8.13

    組織風土改革とイノベーション

    暗中模索の先にイノベーションあり組織にこびりついた悪しき思考習慣、行動習慣を変容し、好ましい組織...
  6. 2015.7.29

    社員エンゲージメントの低さが業績不振の原因の一つ

    我々コンサルタントがクライント先に訪問して診ることの一つに、社員エンゲージメントがあります。
  7. 2015.6.18

    紹介は誰が獲得するものか

    理想顧客からの紹介客で成り立つのはビジネスの一つの理想状態。
  8. 2015.6.11

    「まず思う」ということ

    稲盛和夫さんが京セラを創業したころ、当時経営の神様と言われていた松下幸之助さんの「ダム式経営」の話を...
  9. 2015.3.1

    【3月18日】達成会議〜直近一ヶ月で解決すべき問題とは

    今月の達成会議は、会場と仕事の都合で第3水曜に開催します。今回よりやり方を少し簡単にします。
  10. 2015.2.18

    WEB集客の王道はまじめに良質なコンテンツを量産すること

    経営戦略を深く扱っていると、どうしても発信する情報のコンテンツ・マネジメントは切り離せません。