8月30日(日)に当社代表が指導監修したDVD◎斬るからこそ分かる!【真剣に学ぶ】心技を練る五つの技術が発売されました。詳しくはこちらを御覧ください。

社長ブログ

正藍染剣道袴の洗濯と色止め

「勝色(かついろ)」と呼び、縁起担ぎに多用したころから「武士の色」と呼ばれるようになり、室町時代には広く一般庶民にまで広まりそこかしこでよく見かける色となった。明治にもなると日本を訪れた外国人により「ジャパンブルー」と称賛されるようになった。 居合といえば黒か白の居合道衣が主流のようだが、私はそんなこんなで武士の色、勝色、藍色にこだわっている。当然、ここぞというときは勝色を身につける。 また、正藍染めの道着は色落ちによりなんとも言えぬ風合いが出てくる。この風合はテトロン性の道着にはない魅力である。 3つ目は着心地。 袴の正藍の綿袴なら道衣も綿道衣で当然正藍染めである。コットンの着心地の良さはいまさら私が説明するまでもない。居合の先生クラスには品格のために正絹の着物袴、紋付袴などを着用する人を多く見かけるし、正絹の衣擦れの音もたしかに良いのだが、個人的には、上下正藍の剣道スタイルが好みである。 上下が藍染めである理由は、武士色であるだけでなく、そもそも藍染の機能的価値によるところも大きい。藍は汗の酸化に強く布地を丈夫にして長持ちさせる。防虫効果や抗菌性も持ち合わせており、汗疹やタダレ、不快な臭いも防ぐ。つまり、藍染は堅牢性・防虫性・抗菌性に優れるというわけだ。 以上、サイズ、色、着心地の3点において剣道用道衣と袴を愛用している。 ただし、デメリットがないわけではない。 居合の稽古着として主流でるテトロン性の居合道いや袴はなにしろメンテナンスが楽ちんだ。 洗濯機で洗ってシワを伸ばして干しておけばアイロンいらずだし、何しろ安い。複数用意しておけば毎日の稽古でもへっちゃらである。稽古頻度が多い人の場合テトロン製の稽古着は欠かせないだろう。 私の場合、普段は、上はジャージ生地の紺色剣道衣に下はポリエステル性の居合袴である。 剣道用正藍綿道衣と袴は正藍染めであるが故に色落ちする。他の洗濯物と一緒に洗濯できないし、なにより洗濯機で普通に洗うことができない。(きちんと畳んで洗濯ネットで手洗いモードは可能。その場合も他の衣類とは一緒にしないこと) 基本は手洗いだし、陰干しする必要もある。 コットンは吸水性に優れるが最近の高機能素材のようにすぐ乾くわけでないので汗をかく時期はどんどん重くなる。濡れた道衣は体温を急激に奪っていくので体調を崩すリスクもあろう。 藍の色止めに関してはお酢を使う方法がポピュラーであるが、たしかに化学式的には色止め可能ではあるが、経験的には、色抜けが多少良くなる程度にしか実感していない。 酢を導入したところで染料が水に溶け出し続ける限りはすすぎをやめられないし、酢の臭いが気になる。結局酢の臭いが取れるまで念入りに水をくぐらせることになる。 最初はとにかく念入りに水にくぐらせて染料を落とすしかない。 正藍の綿袴は使いだしの下準備を始めその後の維持管理もテトロンの比ではなく重労働だ。したがって、そういう意味でもここぞという時にしか着用しない。 しかしながら、使う前のその面倒な下準備が着用時の気の引き締まりというか、気分的効果がある気がする。実は道着を着用する前段階の過酷な処理、それも稽古の一環なのかもしれない。むしろそう思うことで有意義になる。 今回の8000番の袴も風呂場で何度も水換えしながら押し洗い、踏み洗いを念入りに行った。絞るとシワがつくので絞らずバケツに入れてそのまま北側のベランダで陰干しした。 出番が楽しみでならない。はやくお前を身につけて刀を振りたい。

後藤 健太

後藤 健太

サムライ社長/株式会社コンセプト・コア 代表取締役

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

  1. 8月30日に発売するDVDの予告編動画のご紹介

  2. BABジャパン社より発売されるDVD撮影を行いました

  3. 【居合・剣術】7月の新宿稽古会(毎週木曜14時〜16時)

  4. 【予約限定】真剣試し斬りプライベートレッスン(7月)

  5. 難局を乗り切り明るい未来を切り拓くコンセプチュアルスキル

  6. 中小企業の社長のための3つの資金繰り対策〜コロナショックを生き残ろう

  7. 政府が全世帯にマスクを2枚ずつ配布!?

  8. <延期>4月度【第6回】ブカツ-地域密着型小規模異業種交流会(八王子)

  9. 【予約限定】真剣試し斬りプライベートレッスン(3月)

  10. 【第5回】ブカツ-地域密着型小規模異業種交流会(八王子)