8月30日(日)に当社代表が指導監修したDVD◎斬るからこそ分かる!【真剣に学ぶ】心技を練る五つの技術が発売されました。詳しくはこちらを御覧ください。

社長ブログ

リスクとはなにか

リスクの概念

リスク (risk) とは、一般的には、「行動することによって(あるいは行動しないことによって)、危険に遭う可能性や損害を被る可能性を意味する概念」 と理解されている。
日本語ではハザード (hazard) とともに「危険性」などと訳されることもあるが、

  • ハザード・・・潜在的に危険の原因となりうるもの
  • リスク・・・危険が現実のものとなる可能性

である。
たとえば、ハザードがあるとしてもそれが起こりえない場合のリスクは低く、確率は低くても起こった場合の結果が甚大であれば、リスクは高い。

リスクの語源

リスクの語源には諸説ある。
たとえば、イタリア語の「勇気を持って試みる」という意味の”risicare”や、ハザードや災いを意味する”risico”(スペインでは水夫が切り立った険しい岩を”risco”と呼んだ)がある。
また、アラビア語でリスクは「明日の糧」を表す言葉として使われてきた。
つまり、リスクとは、日本語で理解されているような単に危険を意味するものではなく、未来の夢を持ち挑戦する過程で危険や損失が生じる可能性という意味で使われる。

リスクとは明日の糧

成果は行動からしか生まれない。同時に、問題も行動しないと生じない。何も問題ないと言う人は、きっと何も行動していないのだろう。
リスクの語源が「明日の糧」とは、リスクを取らない限り明日の糧にありつけないということだ。リスクとは、「行動することによって(あるいは行動しないことによって)、危険に遭う可能性や損害を被る可能性を意味する概念」だから、つまりは、行動ありきなのだ。行動しない限り明日の糧(成果)もリスク(問題)も得ることは叶わない。

リスクとは、もともとアラビア語で「明日の糧」という意味。明日の糧はリスクをとらなければ得られない。だが、それは「リスク」であってもけっして「デンジャー(危険)」ではない。「危機」の半分はデンジャー(危)だけれども、もう半分は「チャンス(機)」なのだ(ケネディもそう言っている)。

明日の糧を得るために取り組むことは3つある。

  1. 正しい思考習慣を身につける
  2. 成果創出のために、まとまった空白の時間を創る
  3. 現状打破の姿勢で問題解決・目標達成・理想実現することで未来創造する

明日はなんとかなるというのは、愚者。 今日でさえ、遅すぎるのに。 賢者は、もう昨日済ましている。

チャールズ・ホートン・クリー(米国の社会学者)

ご質問・お問合せ

後藤 健太

後藤 健太

サムライ社長/株式会社コンセプト・コア 代表取締役

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

  1. 8月30日に発売するDVDの予告編動画のご紹介

  2. BABジャパン社より発売されるDVD撮影を行いました

  3. 【居合・剣術】7月の新宿稽古会(毎週木曜14時〜16時)

  4. 【予約限定】真剣試し斬りプライベートレッスン(7月)

  5. 難局を乗り切り明るい未来を切り拓くコンセプチュアルスキル

  6. 中小企業の社長のための3つの資金繰り対策〜コロナショックを生き残ろう

  7. 政府が全世帯にマスクを2枚ずつ配布!?

  8. <延期>4月度【第6回】ブカツ-地域密着型小規模異業種交流会(八王子)

  9. 【予約限定】真剣試し斬りプライベートレッスン(3月)

  10. 【第5回】ブカツ-地域密着型小規模異業種交流会(八王子)