社員エンゲージメントの低さが業績不振の原因の一つ

組織風土改革・企業文化醸成, 経営

我々コンサルタントがクライント先に訪問して診ることの一つに、社員エンゲージメントがあります。エンゲージリング(婚約指輪)のエンゲージです。企業におけるエンゲージメントとは、社員と会社との感情的な結びつきをはかる指標で、会社に対する社員の貢献意欲とも言われます。

社員のエンゲージメントは、近年、業績に深く関わる指標として注目されており、具体的には、生産性離職率に関わってきます。とある組織人事コンサルティング会社の調べによると、エンゲージメントの高い社員が 1% 増えると、売上高が 0.6% 向上するとの調査結果を発表しています。また 別の会社の調査によると、イギリスの化学メーカーにおいては、エンゲージメント向上に向けて経営陣が改革に取り組み、離職率を 38% も減少させた事例があります。

日本企業のエンゲージメント率はわずか7%

世論調査のギャラップ社による2011年から2012年の調査では、調査国142カ国の平均エンゲージメントが13%だったのに対し、日本単独ではわずか7%しかありませんでした。

一方で、まったくエンゲージしていないと答えたのは、なんと24%にものぼるそうです。企業にとって既存の社員の生産性向上離職率低下を実現するエンゲージメントの向上施策は、本腰を入れて取り組むべき課題の一つと言えるでしょう。

社員のエンゲージメントを高めるためには、社員のことをよく知る努力の先に、組織風土作りや企業文化の醸成が重要になります。

カンパニー・リノベーション

厚生労働省が 6 月 26 日に発表した 5 月の有効求人倍率は23 年 2 カ月ぶりの高い水準で1.19 倍でした。

年々少子化が進行する日本では、外部からの人材調達は益々難しくなり、既存社員の生産性をどうやって上げるか、離職率をどうやって下げるかが重要な課題です。

そこでコンセプト・コアでは、これまでのノウハウを結集し、組織風土改革・企業文化醸成をメインコンサルティングメニューと据えるべく、カンパニー・リノベーション(Company Renovation)を発表しました。

カンパニー・リノベーション(Company Renovation)は社員のエンゲージメント向上の要であり、好ましい組織風土をつくり永続的に進歩発展する企業文化を醸成することで更なるエンゲージメント向上を図ることができます。

組織風土改革・企業文化醸成への施策は、既存社員のパフォーマンスを高め、組織をより進化させるためにぜひとも取り組みたい課題のひとつです。

参考文献

経営コンサルタントの後藤健太へのお問い合わせはこちら

WEB窓口は365日24時間受付!相談無料・実施有料でサービスを提供しているので安心です。(セールスはお断りします)

無料相談する

関連記事一覧

Search

Category

Archive