家業から企業への経営戦略

支配・依存を手放し、自立・共存を実現する

経営者が「経営者の仕事」に専念できず、本来社員がやるべき仕事をせざるをえない場合、社長は会社の歯車の一つなので、なかなか現場から抜けることができません。

社長が現場にいるとどうしても「リーダーシップ」を発揮することになりそこに「支配と依存」の関係が生まれます。ワンマン社長がいる家業会社の多くがこのような状況で、これは「自立・共存」とは正反対の状態です。

家業から企業への経営戦略の第一歩、それは、「支配と依存」から脱却し、「自立・共存」を決断することです。

コンセプト・コアは、「成長の落とし穴」にはまった家業会社を対象に2万件以上の経営相談を実施してきており、「自立・共存」の企業化をサポートしています。

 

関連記事

PAGE TOP