8月30日(日)に当社代表が指導監修したDVD◎斬るからこそ分かる!【真剣に学ぶ】心技を練る五つの技術が発売されました。詳しくはこちらを御覧ください。

社長ブログ

真剣試し斬り講習会と金山剣術稽古会の稽古備忘録

 
View this post on Instagram
 

It is one scene of a trial cutting seminar by a real Japanese sword that held on September 24th. Because it was only regulars, the contents go forward one after another. We stepped on the right and left feet, diagonally cut down, and then proceeded to diagonal cut up. I studied cutting one tatami mat with quick draw from 趺踞 (sitting). Originally this technique does not cut with the technique to pull out the moment when the opponent pulls out the sword early, but I challenged to cut it in this difficult condition. It is quite difficult, but as long as I try to figure out why I can not cut it, I can accomplish it soon. I often say. Because it’s a tricky technique you do not need to cut it? No. If you do it you can cut it, but it does not cut, so it will be effective. “The reversal of difficulty” is the real thrill of Iai, kenjutsu and batto-jutsu. Rather than simplifying the condition as long as it is enough to cut it, even if it is a simple technique, the martial arts are born where you step up the expression conditions more and more and further increase the difficulty level. #居合道 #居合 #剣術 #抜刀術 #試斬 #斬法 #侍 #武士道 #日本刀 #真剣 #武道 #武術 #古武術 #iaido #iai #kenjutsu #battoujutsu #shizan #kihou #samurai #bushido #budo #bujutsu #kobujusu #nihonto #shinken #martialarts #budo #試し斬り #tameshigiri

GOTO Kenta(後藤健太)さん(@goto.kenta)がシェアした投稿 –

続いて夜は金山先生との研究稽古。 昼の体験会で結構疲労していたため早めに会場入りして一人杖整体操でコンディショニングを行った。 早めに来られた先生も合流し20分早くスタート。 杖術では繋之型で淀みない動きの確認をして、相手をつけての三十連円打へ。前進後退交えて足捌きがちんぷんかんぷんになるも脳みそフル回転させてなんとかクリア。 脳みそ使っているうちは全然駄目。 続いて轟之型。こちらも表裏(左右)行う。脳みそオーバーヒート。 このあともう一つ技を練習したが脳みそパンパンで忘却。 剣術では木刀を使った峰返し潰しの研究。 技を発動する直前の下半身のつくり、始動手順などを確認するもイマイチ技の通りが良くない。力のベクトルを明確にしてみるとある程度通るようになるがまだまだ。 転機は突如としてやってくる。木刀だから、しかも棟打ちだからと気にもしていなかった刃筋をちゃんとしたところ、段違いに技の通りが良くなった。 それでも以前のように膝から腰砕けになるような威力は感じなかったが、それは受け手である私の下半身の操作が熟達してきて以前に比べて安定しているせいもあろう。 ここで先生と杖整体操へ。杖整体操は一人でもできるが二人ペアだと得も言われぬ至福の技の応酬がある。 終わったあとは二人ともトランスした危ないオヤジとなる。 杖整体操で身体の詰まりやコリを解消してから仕上げは抜刀術へ。 よくわからないが帯刀して身体が最初に繰り出した技が鷲眼一閃だったので、そのまま鷲眼一閃を研究。 抜くのは随分とスムースになったが、あとは下半身と剣の一致が課題。 最後は隼抜きを行い、納刀までの一連の動きを確認した。この技はともかく納刀が凄まじく格好いい。振り返りざまに斬って振り返って濃納刀すれば最初の立ち位置に戻る。 戻るときに降り出した右足に体重を掛け続けるのがポイントだった。

後藤 健太

後藤 健太

サムライ社長/株式会社コンセプト・コア 代表取締役

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

  1. 【居合・剣術・抜刀術】10月の新宿稽古会(毎週木曜14時〜16時)

  2. 8月30日に発売するDVDの予告編動画のご紹介

  3. BABジャパン社より発売されるDVD撮影を行いました

  4. 【居合・剣術】7月の新宿稽古会(毎週木曜14時〜16時)

  5. 【予約限定】真剣試し斬りプライベートレッスン(7月)

  6. 難局を乗り切り明るい未来を切り拓くコンセプチュアルスキル

  7. 中小企業の社長のための3つの資金繰り対策〜コロナショックを生き残ろう

  8. 政府が全世帯にマスクを2枚ずつ配布!?

  9. <延期>4月度【第6回】ブカツ-地域密着型小規模異業種交流会(八王子)

  10. 【予約限定】真剣試し斬りプライベートレッスン(3月)